30
シンガポール
無謀運転のフェラーリがタクシーに激突して日本人を含む3人が死亡した事件。
片側2車線道路の交差点で信号待ちをしていた所から始まる。
信号が青になり進み始める撮影者の車と隣車線のタクシー、そこへ信号無視をした猛スピードの車と思われる物体が突っ込んでくる。
一瞬の出来事で何が起こったかわからないほどのスピードで激突しています。
(スローモーションカットあり)
タクシーに搭載されていたエンジンが千切れ飛んでいることから衝撃の激しさが伺える。

猛スピードで突っ込んできたのはフェラーリ。
事故直後の現場で目撃者達はフェラーリを運転していたドライバーからアルコールの臭いが漂っていたと証言。
フェラーリのドライバーは即死。
タクシー運転手チェン・テックホックさんと乗客の伊藤 成美さんは搬送先の病院で死亡が確認された。


どんなに優れた性能を持つスポーツカーであっても その性能を発揮、披露するのはサーキットのみ。
一般道では安全運転に徹底するのが跳ね馬乗りの紳士精神だと思う。
この事故を起こしたドライバーにはお金はあったのかもしれないがフェラーリのハンドルを握る資格は無かったようだ。



およよ山を見てくれている みんなは一般道をサーキットと勘違いしているDQNじゃないよね。