19a
高速道路で逆走車がやっちまった。

 19日午前、群馬県の北関東自動車道で78歳の男性が運転する乗用車が逆走し、別の乗用車と正面衝突しました。男性は意識不明の重体で、もう一方の乗用車を運転していた男­性も重傷です。
動画のリンク切れにたいする謝罪文

最近高速道路の逆走車というのをよく聞く。
逆走の場合、走行車線だと思い込んで走っている車線は追い越し車線。
追い越し車線にはエスケープゾーン(路肩)がないので事故に発展する確立は高い。
夜間だとヘッドライトで気がつくかもしれないが、昼だと逆に発見が遅れ今回の事故に繋がったのでは?

各高速道路のサービスエリア、パーキングエリアでは逆走防止の策がちゃんととられていて、SA、PAの入り口に逆走しようとすると警告板が目立つように設置してある。
逆走車を運転していたドライバーはどこを見ていたのだろうか。
高齢者だからという事では済まされない事故だと思う。