尼崎コンクリート事件
ちょっと気になったので角田美代子容疑者が住んでいたマンションの間取図を調べてみた。
22a
実際に角田容疑者が住んでいた住居の間取図

現在競売物件となっている本物件の公開中の資料を元に家相を見てみる。
北西の欠け、北方正中線上にトイレ、東方正中線上に浴室。
■北西の欠けは凶相と言われている。
この部屋は最上階に位置し特殊な間取りになっていて、実は北西に欠けがあるのは同じマンション内でもこの部屋だけなのだ。
張り・欠けの点で見たとき、このマンションで唯一の凶相欠け物件に住んでいたのが角田容疑者ということになる。
■正中線上にトイレは凶相と言われている。
この間取図を見た感じでは ちょうど便器の上を通っていると思われ最悪な位置。
それに加え家の中心部に程近い場所にトイレがあるのも良くない。
■正中線上に浴室は凶相と言われている。
正中線上に水場はよくないとされ、最も悪いのは排水口の真上に重なった場合。
本物件資料の中に浴室の写真があり、まさに排水口の真上を正中線が跨ぐ形となっていた。

以上がこの物件の面だった凶要素の家相である。

風水的にはどうなのか?
実はこの物件で最も凶要素と思われる特徴が資料の写真で解った。
次の写真を見てもらおう。
22
玄関部分とリビングまで伸びる廊下の写真

よく見ると解るのだが、両サイドの壁面が鏡張りなのだ。
他の画像資料も見たところ、この廊下だけではなく他の部屋の壁面も鏡張りになっていた。
恐ろしいことにこの家全体が 合わせ鏡 になっていたのだ!
なんと悪趣味な内装だろう・・・。
もちろん鏡張りの内装はデフォルトではなくリフォームをした際にこの仕様になったらしい。
風水では凶運を跳ね返す道具として使われますが、合わせ鏡だけは使ってはいけないとされている。
合わせ鏡が気になっちゃう人は検索してみてください。興味深い記事がたくさんあります。

この記事書いてるこっちまで運勢悪くなりそうなのでこのへんで・・。
パソコンに盛塩しとこw